【格安】1つ実質250円でオリジナルマインクラフトスキンを作ってもらおう!【1ヶ月保証付】

【中学生高校生】ブロガーとライターのどちらをすればいいのか?稼げるのか?違いについても。【まとめ】

ブログ
この記事は約3分で読めます。

こんにちは!初星-はつぼし- です。

今回は、中学生や高校生向けに、
ブロガーかライターのどちらをした方がいいのかについて話していこうと思います。

ブロガーとライターの違い

ブロガーもライターもどちらも文章を書くお仕事ですが、
一つ大きな違いがあります。

ブロガーは自分のブログを更新するのが仕事で広告収入が入ります。
ライターは基本的に文章やキャッチコピーを書き、クライアントさんから
報酬・給料をもらうのがライターです。

クライアントというのは、記事や文章などを発注している人です。
雇い主のようなものかな?

例外はあるかもしれませんが基本的にこういう風な認識を僕はしています。

僕の場合は、ブロガー兼ライターですね。
元々僕はブログ一筋でしたが、ブログの維持費が無くなってきたので
ライターをして維持費を稼いでいます。

他の違い

他の違いについても考えてみました。

考えてみたところ、記事の書き方にも違いがあるんじゃないかなー?って思いました。

ブロガーは伝えたいことを全て伝えられるなら、たとえ100文字でも500文字でも、
好きな文字数の記事を公開する事が出来ます。
ですので、文字数が少なくても需要のある記事を書きやすいのがブロガーの特徴かもしれません。

それに比べてライターは、クライアントが提示した文字数以上の記事を書くことや、
文字単価などを意識して記事を書いています。

これもブロガーとライターの大きな意識の違いだと思いました。

ブロガーとライターのどちらになる方がいいのか

ぶっちゃけ僕は両方をするといいと思いました。

僕の場合、週一でライターの仕事をして、残りの6日はブロガーをしています。

理由

ライターはブロガーに比べ、即金性があります。
なので、今すぐお金を手に入れたい人におすすめです。

ブログは成長するのに時間がかかりますが、
成長すれば収入が入ってくるようになります。

特に学生ですと、ブログの維持費に余裕がない人も多いと思います。
月たったの1000円ですが、僕にとっては大金です。

ライターをしていきながらブログをすることで、
ブログを継続でき、ライターをやめても収入が入ってくるからです。

時間が無い人にはライターがおすすめ

忙しすぎて時間が本当にない!!!

そんな人にはライターがおすすめです。

先ほど述べた通り、ライターには即金性があります。
成長するのを待つ必要がありません!

文字単価1円の場合、2000記事の記事を書いた場合1記事で2000円の報酬が貰えます。

また、ライターの場合ブログ維持費なども必要ないので誰もが気軽に挑戦をすることができます。
(まあブログも最安だと月800円とかなので是非チャレンジしてみてほしいですけどね)

スポンサーリンク


 

まとめ

今回のまとめです。

  • ブロガーとライターの大きな違いは何から報酬を得るか
    ブロガーはアフィリエイトやアドセンスなどの広告から収益を得る。
    ライターはクライアントさんから報酬が貰える。
  • 両方するのが一番おすすめ
  • ライターは即金性がある

これくらいですね!今回は以上になります!

最後まで読んでくださり、ありがとうございましたっ!

コメント お気軽にコメントを残してください!!

タイトルとURLをコピーしました