現在メンテナンス中の為一部デザインが崩れていますがご了承ください...!!

本日アップルが新商品を発売!その名は「AirPods Pro」!!価格と機能をご紹介!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

本日アップルより新商品が発売されました。

その名は「AirPods Pro」です!

今回は、AirPods Proの価格と機能をご紹介します。

目次

価格

AirPods Proの価格は税抜価格で27,800円です。

普通のAirPodsの価格は17,800円なので、

AirPods Proは普通のAirPodsよりも一万円高いです。

一万円で何が変わってくるか説明していきます。

機能

  1. 耐汗耐水性能
  2. アクティブノイズキャンセリング

が AirPods Pro の主な機能です。
もちろん、普通のAirPodsに備わっている機能もあります。

スポンサーリンク

耐汗耐水性能

耐汗耐水性能は、ある程度の防水機能が備わっているということです。

Appleの公式ページに

AirPods Proには耐汗耐水性能があります。
水上または水中でのスポーツやエクササイズには対応しません。
AirPods Proは実験室の管理された条件下でテストされており、
IEC規格60529にもとづくIPX4等級に適合しています。
耐汗耐水性能は永続的に維持されるものではなく、
通常の使用によって耐性が低下する可能性があります。
AirPods Proが濡れている場合は充電しないでください。
クリーニングと乾燥の方法については
https://support.apple.com/kb/HT210711をご覧ください。
充電ケースには耐汗耐水性能はありません。

と書かれているので水泳などのスポーツでは使えないということです。

お風呂で使えるのかはわかりませんが、
万一落とした場合は27000円がぶっ飛ぶ可能性もあるので気を付けましょう。

私の解釈では、雨などにあたっても壊れにくいということだと思います。

アクティブノイズキャンセリング

アクティブノイズキャンセリングって難しそうですが、
簡単に言い換えますと

「遮音機能」です。

この機能を使えば、外部の音を遮断することができます。

それだと周りの音が全く聞こえなくて危ないんじゃない?

 

そうだそうだ!危ない危ない!

と思った方も多いのではないでしょうか。
最近は、駅で歩きスマホをしている人もいますが、
駅でAirPodsを両耳に装着して歩いている人も結構いますからね。

あれは結構危ないと思いました。

ということで、AirPods Proにはこんな機能があります↓

「外音取り込み機能 AirPods」の画像検索結果

この画像、少し画質が悪いですが許してください(笑)

AirPods Pro の設定でこんな画面を出すことができます。

これは、外の音を取り込むかどうかという設定です。
これにより、完全に外の音をシャットアウトするか
少し外の音を入れるかなどを設定できるようです。

スポンサーリンク

その他違い

↑左はAirPods Pro|右は AirPods

アップル社のホームページを見てみたら、
上記で述べた違い以外にもいくつか違うことがありました。

1つめは、ワイヤレスチャージングケースが付属しているかどうかです。
普通のAirPodsは
オプションとして追加料金を支払ってワイヤレスチャージングケースを手に入れれますが
AirPods Proは元から付属しているところが違います。

2つ目は、1回の充電による再生時間の違いです。
普通のAirPodsは最大5時間に対し、AirPods Proは最大4.5時間となっています。

1回の充電による最大再生時間は普通のAirPodsのほうが長かったんですね!

まとめ

今回は、本日発売のアップル製品「AirPods Pro」の紹介をしました。

AirPods Proの特徴

1.耐汗耐水性能
2.アクティブノイズキャンセリング

感想

自分は「ほしい!」と思いました。でも、お金がなかったので却下です(´;ω;`)

最後まで読んでくださりありがとうございました!

初星-はつぼし-

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

More
どこにでもいそうな一般中高生。
歌い手さんが大好き。
興味本位でブログを始めました。
Discord特化ブログも運営してます。

コメント

コメントする

目次
閉じる